GEMFOREX

GEMFOREXは信託保全・分別保管のどっちを採用しているのか?

GEMFOREXは信託保全・分別保管のどっちを採用しているのか?

GEMFOREXに限ったことではないのですが、やはりFXのように一時的にでも自分の資産を預ける商品やサービスの場合にはその資産がきちんと守られるのかという部分が重要になってきます。

 

先々のために資産を増やそうとたちまち今あるお金をすべてFXにつぎ込んだものの、FX業者が倒産してしまってお金もろとも消えてしまうということだけはあってはいけません。

 

そのため、特にFXのような商品やサービスを利用する場合には預けている資産がどのように管理されているのかを確認していいかなければいけません。

 

ここでは、GEMFOREXが信託保全・分別保管のどちらを採用しているのかについてお話していきたいと思います。

 

 

GEMFOREXが明記しているのはあくまでも分別保管

GEMFOREXのよくある質問には、以下のようなものがあります。

 

Q:GEMFOREXはニュージーランドのFX会社との事ですが、海外FX会社の場合、トレーダーの資産は安全に保全されるのですか?海外FXは初めてとなりますので不安です。


「海外FXが初めての方にとって非常に気になる所ですね。当社は、お客様が安心してトレードライフをお送り頂く為、お客様の運用資金と同額の資金を分別保管し、万が一の備えとして、大切に守る事を約束しております。また、万が一、証拠金残高がマイナスになってしまった場合も追証が発生する事は一切ございませんので海外FX初心者の方にとっても安心してご利用頂けます。」

 

GEMFOREXはユーザーが安心してトレードライフを送れるように、ユーザーの運用資金と同額の資金を分別保管して大切に守っているわけです。

 

これは企業の資産とユーザーの資産を分別管理しているわけではなく、あくまでもユーザーの運用資金と同自金額の資金を提携の信託銀行に分別保管しているという意味合いのようです。

 

ユーザーの資金を別のユーザーの利益に充てるようないわゆる自転車操業のようなやり方ではなく、いざとなったときにはユーザーの資金を全額返還できるだけの資金を別のところに確保しているということです。

 

GEMFOREXで明記されているのはあくまでも分別保管であって、信託保全については記載がありません。

 

ただ、GEMFOREXがおこなっている分別保管の性質上、信託保全に通ずる部分もあるということで「GEMFOREXは信託保全をおこなっている」と認識している方も少なくありません。

 

そもそも信託保全・分別保管の違いとは?

GEMFOREXが明記しているのはあくまでも分別保管だという話をしましたが、そもそも信託保全・分別保管にはどのような違いがあるのでしょうか?
その違いについてもきちんと理解しておきましょう。

 

信託保全とは?

信託保全というのは簡単に言ってしまうと、ユーザーの資産を保証する制度のことを指します。

 

ユーザーはFXの取引をおこなうにあたって、FX業者に資金を預けることになります。
FX業者はユーザーから預かっている資金を自社で管理することなく、別の信託銀行に預けて管理します。

 

この信託保全をおこなうことによって、FX業者そのものが倒産してしまったとしてもユーザーへの返金が保証されることになります。

 

日本国内のFX業者であれば信託保全が義務付けられているのですが、海外のFX業者では信託保全が義務付けられていません。

 

そのため、GEMFOREXも含めて多くの海外FX業者は次で説明する分別保管をおこなっているのです。

 

分別保管とは?

GEMFOREXを含めて多くの海外FX業者がおこなっている分別保管というのは、ユーザーの資金をFX業者が自社の運営資金とは別の銀行口座で管理するというものになります。

 

ただ、一口に分別管理と言ってもふたつの種類があります。

 

ひとつはFX業者が完全に自社のみでユーザーの資金を管理するという方法です。

 

FX業者にとっては管理コストを抑えられるメリットがありますが、ユーザーにとっては安全性に疑問が残る部分もあるでしょう。

 

もうひとつはFX業者が外部の会社との共同口座を作って、外部の会社が常に資金をチェックするという方法です。

 

FX業者にとっては管理コストがかかってしまうのがネックになりますが、ユーザーにとっては外部の会社が入ることによって安心感があります。

 

信託保全・分別保管の違いだけではなくライセンスにも注目すべき

先では信託保全と分別保管の違いについてお話しましたが、一見すると信託保全をおこなっているFX業者のほうが安心できるように思えますし、実際に信託保全をおこなっているFX業者しか使わないようにしているという方もいます。

 

確かに信託保全のほうが安心できる部分もあるのですが、だからといって分別保管に問題があるというわけではありません。

 

分別保管にも種類がありますし、ある程度の安全性は確保されます。

 

「信託保全はOK!分別保管はNG!」という考え方ではなく、そのFX業者が取得しているライセンスにも目を向けていきましょう。

 

信託保全・分別保管に関係なく、そもそも金融ライセンスを取得していないFX業者を利用するのは好ましくありません。

 

金融ライセンスを取得しているFX業者であれば、仮にそのFX業者が倒産してしまったとしても保証制度がありますので投資資金をすべて失ってしまうということは避けられます。

 

というのも、ほとんどの海外FX業者が金融規制当局と連携し、政府機関がユーザーの資産を保証する制度を導入しているのです。

 

もちろん、GEMFOREXも金融ライセンスを取得しています。

 

GEMFOREXは資金の管理の面でも金融ライセンスの面でも安心できる!

GEMFOREXは分別保管を明記していますが、その分別保管も性質的には信託保全に近いものです。

 

こういった資金管理の面でも安心できますし、先でも触れましたようにGEMFOREXは金融ライセンスを取得しています。

 

GEMFOREXの取得している金融ライセンスはニュージーランドFSP(NZFSP)というもので、文字通り、ニュージーランドの金融ライセンスになります。

 

ニュージーランドFSP(NZFSP)は人気の高い金融ライセンスのひとつとなっており、過去には多くの金融業者が取得をしていました。

 

しかしながら、ここ最近ではニュージーランドの金融規制が厳しくなったことによって大量の金融機関においてライセンスの登録削除がなされています。

 

実際に、今現在のニュージーランドFSP(NZFSP)の審査基準は以前にも増して厳しくなっています。

 

一時期「ニュージーランドFSP(NZFSP)は取得するライセンスとしては弱い」という話が出ていたこともあるのですが、今のニュージーランドFSP(NZFSP)がライセンスとして弱いということはまずないでしょう。

 

逆に、以前にも増して厳しくなっているニュージーランドFSP(NZFSP)だからこそ保有しているFX業者は信頼できるとも言えるのです。

 

つまり、GEMFOREXは資金の管理の面でも金融ライセンスの面でも安心できるFX業者であるということです。