GEMFOREX

GEMFOREXはDD方式それともNDD方式?

GEMFOREXはDD方式それともNDD方式?

海外FXブローカーのトレード方法には主に

 

  • DD方式
  • NDD方式

 

2種類があります。
GEMFOREXはどちらの形式なのでしょうか?

 

GEMFOREXについて解説する前に、まずはDD方式・NDD方式そのものについて説明していきますね。

 

 

DD方式とは?

「トレーダーの注文を、インターバンクに送るか否かを人間のディーラーが判断するトレード方式」のことをDD方式(ディーリングデスク方式)と言います。

 

DD形式にすることで、FXブローカー側の利益を増やしたり、損失を減らしたりすることができます。

 

注文に対して、ディーラーは以下のいずれかの行動を取ります。

 

  • そのままインターバンクに送る
  • 別のトレーダーの注文を利用して打ち消す
  • 反対注文
  • ノミ
  • 約定拒否やスリッページ(GEMFOREXは行いません)

 

そのままインターバンクに送る

ほとんどの注文はそのままインターバンクに送られます(恐らくGEMFOREXもそうです)。

 

このとき、FXブローカーは「スプレッド」の分しか利益を得ることができません。
※細かく言うと違いますが、スプレッドとは取引手数料のようなものだと考えてください。

 

ディーラーは「スプレッド以上に稼ごう」と考えて、さらに別の判断を下す場合があります。

 

別のトレーダーの注文を利用して打ち消す

「同一量の売り注文・買い注文」が蓄積したら、GEMFOREXなどのディーラーはインターバンクに注文を渡さずに、それらを打ち消し合わせる場合があります(相殺)。

 

あまり知られていませんが、「FXブローカーが注文をインターバンクに渡すとき」にもスプレッドが発生してしまいます。
そのため、注文同士をGEMFOREX内で打ち消せば、スプレッドの分だけ得になるということですね。

 

反対注文

投資者の注文の反対の注文をするという事ですね。
このとき、「投資者の注文」の反対の変動をすればGEMFOREX側が儲かり、「投資者の注文」に沿って変動すればGEMFOREX側が損をすることになります。

 

この判断は、

 

  • ディーラーにかなりの自信があるとき
  • 非常に勝率の低い投資者が注文したとき

 

などに行われるようです。
ハイリスクハイリターンですからね。

 

ノミ

ノミとは?トレーダーの注文をインターバンクに通さないこと。

 

競馬に例えるなら、

 

Aさん:「3-14を1万円分馬券を買っておいてくれ。」
Bさん:「分かりました(どうせ当たらないし1万円もらってしまおう)」

 

~馬券が外れる~
Bさん:「外れてしまった。1万円損した」
Aさん:「そうですねえ(1万円儲かった!)」

 

という感じです。
ポイントは、「Bさんが馬券を買っていようがいまいが、Aさんにとっては同じ結果になっていた」という事ですね。

 

「馬券の購入」が「トレーダーの注文」に替わったものがノミであると考えてください。

 

ただし、「ノミをしたのに、トレーダーが勝ってしまった場合」は、GEMFOREX側がトレーダーの勝ち分を補填することになります。

 

約定拒否やスリッページ(GEMFOREXは行いません)

約定拒否とは?注文を拒否する(受け入れない)。
スリッページとは?注文金額とは違う金額で注文を流す。

 

こうする事で、FXブローカー側の損失を少なくすることができます。
しかし約定拒否・スリッページをするとトレーダーが損をしますから、GEMFOREXをはじめとする大手のブローカーがこれらを実行する事はまずありません。

 

GEMFOREXのスタンダードである「NDD方式」とは?

ここで言ってしまいますが、GEMFOREXは基本的にNDD方式を採用しています。

 

では、そのNDD方式について解説しますね。

 

NDD方式とは?

「ディーラーがおらず、トレーダーからの注文を全てインターバンクに通すトレード形式」のことをNDD方式(ノンディーリングデスク方式)と言います。

 

DD方式とは異なり「ディーラーの判断による利益アップ」がないため、NDD方式におけるブローカー側の利益はスプレッドだけとなっています。
そのためNDD方式を採用しているFX業者は、スプレッドを広くする傾向にあります。

 

また、「とにかくどんどんトレードをして、スプレッドを払ってほしい」と考えるので、全体的にユーザーフレンドリーであると感じます。

 

ちなみに、

 

国内FX業者:ほとんどの業者がDD方式であるためスプレッドが狭い
海外FX業者:ほとんどの業者がNDD方式であるためスプレッドが広い

 

という傾向にあります。

 

GEMFOREXは「基本的にNDD方式・一部DD方式」

繰り返しになりますが、

 

NDD方式:スプレッドが広い(他の収入源がないため)
DD方式:スプレッドが狭い(他に収入源があるため)

 

という特徴がありましたね。

 

そしてGEMFOREXについては、

 

オールインワン口座:NDD方式
ノースプレッド口座:DD方式

 

であると言われています。
そもそも、GEMFOREX自身が「NDD方式を採用しています」と公言していますからね。

 

ただ、「ノースプレッド口座のスプレッドが非常に狭い」という理由から、ノースプレッド口座はDD方式なのではないかと見られているのですよね。

 

GEMFOREXのノースプレッド口座がDD方式でも問題なし

「DD方式だとディーラーが何をするか分からないし、NDD方式のほうが絶対にいい!」という極端なことを言う人がいますが、その認識は改めるべきです。

 

なぜなら「ディーラーが不正をしない限りは、何をしてもトレーダーの収支には関係がないから」です。
例えば「ノミ」が行われたとしても、トレーダーの利益分はきちんと支払われますしね。

 

約定拒否・スリッページをされてしまえば、トレーダーが明確に損をすることになりますが、GEMFOREXほどの大手がそんな暴挙に出るはずがありません。
「不正をして信頼を下げるようなことをせず、普通に運営したほうが儲かるから」です。
また、GEMFOREXに関する口コミを見ても、「不正をされた!」というような声はありません。

 

NDD方式の口座・DD方式の口座のどちらがいい?

では、GEMFOREXでは「NDD方式のオールインワン口座」と「DD方式のノースプレッド口座」のどちらを作るべきなのでしょうか?

 

まずはオールインワン口座を作りましょう

GEMFOREXのオールインワン口座には豪華なボーナスが色々と用意されています。まずはこれをしっかり獲得しましょう。

 

ノースプレッド口座はボーナスの対象外となっています。
ですから、どうしても早めにノースプレッド口座を作りたいのだとしても、オールインワン口座でボーナスを受け取ってからにするのがおすすめです。

 

ノースプレッド口座を作成するためのハードルが高い

NDD方式・DD方式うんぬんに関係なく、ノースプレッド口座を作成するためのハードルがかなり高いです。

 

なぜなら、

 

初回最低入金額30万円

 

というルールがあるからです。

 

しかし、一方のオールインワン口座は初回入金額100円からOKとなっています。
ですから、まずはオールインワン口座を作ることをおすすめします。

 

オールインワン口座でお金を稼いでからノースプレッド口座を作りましょう

オールインワン口座で30万円以上稼ぎ、そのお金でノースプレッド口座を作成することをおすすめします。
ちなみに「資金移動手数料」などはないので安心です。

 

オールインワン口座ではボーナスがもらえませんが、スプレッドはかなり狭いですから、トレードスタイルによってはかなり役立つことでしょう。

 

補足:GEMFOREXでは複数口座開設が可能です

GEMFOREXでは同時に5つまで口座を持つことができます。
ですから、上記の手順に沿ってノースプレッド口座を作成するにしても、既存のオールインワン口座をそのまま使い続けることができます。

 

これもNDD方式・DD方式に直接関係しない話ですが、安定して稼いでいるトレーダーの多くは、複数の口座を上手に使い分けています。