XM

XMのスプレッドは広い?それでもXMを選ぶメリットとは?

XMのスプレッドは広い?それでもXMを選ぶメリットとは?

FXトレードにはさまざまなコストがかかるわけですが、そのひとつがスプレッドです。
そのため、FXトレーダーの中にはとにかくスプレッドが狭いところを選ぶという方も少なくありません。
ただ、仮にスプレッドが広く見えるFX業者であっても、そのスプレッドの広さをカバーできるだけのメリットを持っていることもあります。
XMもスプレッドは広いと言われているのですが、実際のところどうなのでしょうか?
ここでは、XMをそのスプレッドから見ていきたいと思います。

 

そもそもスプレッドとは?

まずは、そもそもスプレッドとは何なのかという部分に触れておきましょう。
FXにおいては通貨ペアを売る際に適用される「Bid(売値)」と通貨ペアを買う際に適用される「Ask(買値)」の差額がスプレッドなってきます。
FXトレーダーにとっては取引手数料にあたるものなので、一般的にはスプレッドは狭ければ狭いほどFXトレードにおけるコストを抑えられると考えられています。
FX業者を選ぶ際にはスプレッドの狭いところがいいと言われるのも、そのためです。

 

XMのスプレッドは狭いのか?それとも広いのか?

では、XMのスプレッドというのは狭いのでしょうか?それとも広いのでしょうか?
国内FXと比べると、XMのスプレッドが広い傾向にあります。
ただ、もともとXMを含めた海外FXというのは国内FXよりもスプレッドが広いと言われています。
そのため、国内FXと比べてXMのスプレッドが広いからといってそこまで気にする必要はありません。
一方で、他の海外FXと比べたときにはどうでしょうか?
XMとよく比較されるのがGEMFOREXなのですが、GEMFOREXと比べたときにもややXMのほうがスプレッドが広い印象はあります。
結論から言ってしまうと、XMにおいてはスプレッドに関しては広い傾向にあり、特別な強みは持っていないということになります。

 

スプレッドが広くともそれ以上のメリットがXMにはある!

先ではXMがスプレッドに関しては特別な強みを持っていないという話をしましたが、それでもXMはFX業者として高い人気を誇っています。
実際に、最初はスプレッドの広さから敬遠していたFXトレーダーでも結局XMをメインで使うようになったというエピソードは多いです。
それはズバリ、XMにスプレッドの広さをカバーできるだけのメリットがあるからです。
具体的にどのようなメリットがあるのかひとつひとつ見ていきましょう。

 

最大レバレッジ888倍

海外FXにおいては国内FXにはないようなハイレバレッジが魅力になっているのですが、XMはその海外FXの中でも特にハイレバレッジな部類に入るでしょう。
というのも、XMの最大レバレッジは888倍なのです。
もちろん、GEMFOREXのようにXMよりも最大レバレッジが高いところもあるのですが、それでも十分すぎるほどです。
国内FXの最大レバレッジが25倍ということを考えれば、XMの最大888倍というレバレッジは圧倒的です。
最大レバレッジが高ければ高いほど、資金効率もアップします。
少ない資金でも一発逆転というのも十分に狙っていくことができるでしょう。

 

追証なしのゼロカットシステム

XMでは追証なしのゼロカットシステムが採用されています。
国内FXにはこれがなく、莫大な借金を背負ってしまう可能性があります。
実際に、FXで借金が膨らんでしまって……という方の多くが国内FXを利用しているものです。
しかしながら、XMであれば追証なしのゼロカットシステムが採用されていますので、使う金額を考えておけばFXトレードで大きな損失を出してしまったとしても莫大な借金を背負うということはなくなります。
最大888倍というハイレバレッジを活かしつつ、借金のリスクを抑えることができるのは大きな魅力です。

 

豪華なボーナス

もともと海外FXは国内FXと比べると、ボーナスが豪華だと言われています。
XMも例に漏れず、豪華なボーナスを用意しています。
口座を開設するだけでもらえるボーナスもありますし、100%入金ボーナスといったものもあります。
スプレッドが広くとも、こういったボーナスでカバーできる部分も十分にあるのです。

 

圧倒的な約定スピード

XMは数あるFX業者の中でも、約定スピードが圧倒的だと言われています。
リクオートなしで99.35%の注文が1秒以下で約定すると公式サイトでも謳っていますので、かなり高い確率で思った通りのFXトレードをおこなっていくことができるのです。

 

通貨ペア以外にも取引可能な商品が豊富

FXトレード以外には一切手を出さないと決めている方にとってはあまりメリットにはならないのですが、XMでは通貨ペア以外にもココアや小麦、原油や天然ガス、日経225やダウなど取引可能な商品がたくさん用意されています。
XMであればFXトレード以外にもいろいろな可能性を探っていくことができますし、その中で大きな利益を得られるチャンスも出てくるのです。

 

完全日本語対応

初心者の方だと「海外FXでは日本対応に不安が残る」と思っている方も多いでしょう。
確かに海外FXの中には、日本語対応に不安のあるところも存在します。
しかしながら、XMではその心配はありません。
というのも、XMは海外FXでありながらも完全日本語対応を誇っているのです。
もともとXMは日本人向けにサービスを長く提供してきたFX業者になりますので、日本人への対応は万全なのです。
それこそ国内FXと遜色ないレベルでの対応が期待できます。

 

口座タイプとXMロイヤルティプログラムを活用すればスプレッドも狭くなる

XMはスプレッドが広いという話をしましたが、だからといって常に広いスプレッドで我慢しながらFXトレードをしなければいけないというわけではありません。
というのも、スプレッドが広いと言われているXMでも口座タイプとXMロイヤルティプログラムを活用することによって実質的なスプレッドを狭くしていくことができるのです。
例えば、XMには以下の3つの口座タイプが存在します。

 

  • マイクロ口座
  • Standard口座
  • XMTrading Zero口座

 

XMTrading Zero口座はスプレッド特化型の口座タイプになりますので、XMの中でも狭いスプレッドでFXトレードをおこなっていくことができます。
また、マイクロ口座とStandard口座ではXMロイヤルティプログラムというものが使えるようになっています。
XMロイヤルティプログラムというのは取引量ごとにXMPというポイントがたまるポイント制度です。
たまったXMPはボーナスに換金することができますので、たまったポイントをボーナスに換金していけばFXトレードにかかるトータルのコストを抑えることにもつながります。
実質的にはスプレッドが狭くなるというわけです。

 

XMのスプレッドが気になったら公式サイトでチェック!

XMでは口座を開設していない方でも、スプレッドをチェックできるようになっています。
公式サイトにアクセスして、トップページから下へとスクロールしていけばXMのスプレッドをチェックすることができます。
15分ごとに更新されて、だいたい1時間前くらいのスプレッドが表示されています。