XM

XMでトレードするなら知っておきたい取引時間帯

XMでトレードするなら知っておきたい取引時間帯

海外FXの中でも特に人気の高いXMなのですが、XMでFXトレードをおこなっていくのであれば取引時間帯というものを十分に理解しておく必要があります。
ここでは、XMの取引時間帯について詳しく解説していきたいと思います。

 

XMの取引時間帯は日本時間で言うといつ?

XMでFXトレードをおこなっていく場合、その取引時間帯は日本時間で言うといつ頃になるのでしょうか?
日本人トレーダーがXMを利用するにあたってその取引時間帯は、日本時間の月曜日の早朝から土曜日の早朝までとなります。
基本的にこの間であれば、FXトレードは24時間おこなうことができるという認識でOKです。

 

XMの取引時間帯に関して押さえておくべき2つのポイント

先では日本時間の月曜日の早朝から土曜日の早朝までがXMの取引時間帯になるという話でしたが、それだけではなくXMの取引時間帯に関して押さえておくべきポイントが2つあります。

 

夏時間と冬時間という2種類の取引時間帯
祝日などの取引時間帯

 

それぞれについて詳しく見ていきましょう。

 

夏時間と冬時間という2種類の取引時間帯

XMのFX取引時間帯には、夏時間と冬時間があります。
夏時間と冬時間が入れ替わることによって、月曜日の取引開始時間と土曜日の取引終了時間が変わってきます。
日本人にしてみると時間がズレることになりますので、そのズレを把握しないままFXトレードをおこなっていくのは大きなリスクを伴います。
まず、XMの夏時間についてですが、XMの夏時間、いわゆるサマータイムは3月の最終日曜日午前1時から10月の最終日曜日午前1時までとなっています。
XMのMT4では、月曜日23:05から土曜日22:50の表示となります。
日本での取引時間帯としては月曜日06:05から土曜日05:50となり、土曜日05:51から月曜日06:04までは取引不可の休場ということになります。
取引不可となる休場中は売り買いはもちろん、持っているポジションの決済もできなくなりますので、注意しておきましょう。
次に、XMの冬時間ですが、XMの冬時間は10月の最終日曜日午前1時から3月の最終日曜日午前1時までとなっています。
XMのMT4では、月曜日00:05から土曜日23:50の表示になります。
日本の取引時間帯としては月曜日07:05から土曜日06:50までとなっており、土曜日06:51から月曜日07:04までは取引不可の休場ということになります。
取引不可の休場中は夏時間と同じように売り買いもできませんし、持っているポジションの決済もできなくなります。
冬時間は夏時間と比べたときに、1時間のズレが出てきます。
しかしながら、MT4での表示上は変化がないので注意しておきましょう。

 

祝日などの取引時間帯

XMにおける祝日などの取引時間帯なのですが、一般的な祝日ということであれば取引には影響はありません。
祝日であっても土曜日早朝から月曜日早朝の休場時間でなければ、普段通りに取引をおこなっていくことができるでしょう。
ただ、祝日だと銀行や機関投資家の売買がほとんどない状態になってしまいますので、全体的に取引量は少なくなります。
取引はできるものの、相場がいつもと同じような動きをするわけではないということを理解しておきましょう。
一方で、クリスマスや年末年始になってくると休場となり、取引ができなくなってしまいますので注意しておいてください。

 

XMの取引時間帯で注意すべきこと

XMの取引時間帯がわかったところで、最後に注意点についても触れておきたいと思います。

 

土日の持ち越し

XMの取引時間帯についてはもうおわかりいただけているかと思いますが、日本では土曜日の早朝から月曜日の早朝までは取引をおこなうことができません。
ポジションを手放すことができませんし、ロスカットも効きません。
そのため、もし月曜日の早朝に相場が動き出したときのレートが設定していた損切り位置よりもマイナス方向に大きく離れたところから始まった場合にはその位置で決済ということになってしまいます。
土日に物事が大きく動くということは十分にあり得ますので、それこそ天国から地獄ということも起こり得るのです。
取引ができない休場中は、何が起こっても自分ではどうすることもできないのです。
チャレンジしたくなる気持ちもわからなくはないのですが、休場前の無理な取引はやめておいて、必ず休場前にポジションを手放すようにしてください。

 

欧州時間とNY時間が重なる時間帯

夏時間の21時から翌1時と冬時間の22時から翌2時あたりの時間帯というのは、欧州時間とNY時間が重なります。
そのため、この時間帯というのは値動きが激しくなります。
もちろん、その分チャンスもあるにはあるのですが、初心者の方は取引時間帯としては避けたほうがいいでしょう。
特に、22時あたりは重要な経済指標が発表されやすい時間でもありますので、基本的にこのあたりの取引時間帯は荒れやすいという風に考えておいたほうがいいでしょう。

 

オセアニア時間の中で日本の早朝にあたる時間帯

オセアニア時間は4:00から15:00でで、もともと取引量がかなり少ない傾向にあります。
その中でも、特に日本の早朝にあたる時間帯は「魔の時間」と呼ばれています。
取引量が少ないからこそ、本当にちょっとしたことで大きな値動きが発生してしまいます。
予想だにしない値動きで予想外のマイナスが出ることもありますし、予期せぬロスカットということも十分にあり得ます。
月曜日の朝などは特に危険性が高いと言われています。
基本的に取引をするのに適した時間帯ではないと考えておいたほうがいいでしょう。
ラッキーを狙うにしても、リスクが高すぎます。

 

長期足が確定する時間帯

XMの取引時間帯の中でも、日足と4時間などの長期足が確定する時間帯というのも避けたほうがいいです。
というのも、日足や4時間足のような長期の時間足が確定するタイミングの前後では、決済やエントリーするFXトレーダーが一気に増えるのです。
もちろん、決済やエントリーするFXトレーダーが増えるということはそれだけのチャンスがあるということでもあります。
初心者の方にとっては避けるべき取引時間帯ではありますが、ある程度の知識とスキルを身につけている中級者から上級者の方にとっては大きな利益を狙えるチャンスと言えるでしょう。

 

大きな経済指標の発表がある時間帯

雇用統計や政策金利などの大きな経済指標の発表がある時間帯というのは、その結果によって大きく相場が動きます。
これはXMに限らず、すべてのFX業者においても言えることです。
大きな経済指標の発表がある時間帯を狙ったトレード手法というのも確かに存在はしていますが、ギャンブルになってしまうというかとにかくリスクが大きいです。
エントリーに根拠もなく優位性もないという状態でのFXトレードは本当にただのギャンブルになってしまいます。
FXトレードというのは根拠のある戦略があってこそのものでもありますので、もし大きな経済指標の発表がある時間帯にトレードを考えているのであれば十分に分析した上で戦略を練っていきましょう。