XM

XMの会社情報をまとめてみました!

XMの会社情報をまとめてみました!

海外FXの中でも日本人ユーザーが多いことで知られているXMなのですが、その会社情報が気になるという方も多いのではないでしょうか?
実際にXMに限らず、海外FXだとそのFX業者が本当に存在しているのか、安心して利用できるところなのかは気になる部分でしょう。
ここでは、改めてXMの会社情報をまとめてみました。

 

 

XMの基本的な会社情報

まずはXMの基本的な会社情報ということで、運営会社とその住所について触れていきたいと思います。
XMの公式サイトでは会社情報として、以下の社名と住所を抽出することができます。

 

Tradexfin Limited F20,1st Floor,Eden Plaza,Eden Island, Seychells
TPS Management Limited Steliou Mavrommati 80B, Agios Pavlos, 2364, Nicosia, Cyprus

 

日本人にとって英語で表記された住所というのは馴染みがないでしょうが、Tradexfin Limitedの住所もTPS Management Limitedの住所もGoogleマップで確認することができます。
看板やオフィスの様子が確認できるというところまではいかないのですが、でたらめで適当な住所でないことは十分にわかります。
ただ、ここで気になってくるのがXMの会社情報がなぜ2社分あるのかという部分です。
もともとXMグループは日本に限らず、世界各国でそのサービスを提供しています。
ただ、ライセンスの関係で日本人に向けにサービスを提供し続けるために子会社を作りました。
それがTradexfin Limitedです。
つまり、TPS Management Limitedのほうが親会社で、Tradexfin Limitedのほうがその子会社ということです。
XMの公式サイトのほうには、

 

TPS Management LimitedはTradexfin Limitedが完全に所有しています。

 

といった記載があるため、Tradexfin Limitedが親会社でTPS Management Limitedが子会社のようにも読み取れるのですが、XMが子会社化して日本人向けのサイトを作ったということを考えれば「TPS Management Limitedのほうが親会社で、Tradexfin Limitedのほうがその子会社」という理解でいいかと思います。

 

その他でXMの会社情報として押さえておくべきポイントは?

先ではXMの基本的な会社情報についてご紹介しましたが、それ以外で押さえておくべき会社情報についてもいくつかピックアップしておきましょう。

 

圧倒的な約定力

XMではすべての注文の99.35%が1秒以内に執行という圧倒的な約定力を誇っています。
約定拒否、つまりリクオートは一切ありません。
XMではもっとも優れた取引執行方式を採用されており、特に2010年から注文執行率が100%保証されるようになっています。
FXトレーダーにとって約定力というのはとても重要なポイントになってきます。
XMであればかなりの確率で、思い通りのFXトレードをおこなっていくことができるのです。

 

NDD方式

XMはNDD(No Dealing Desk・ノーディーリング)方式を採用しています。
世界中の25以上ものティアワン金融機関から売値・買値を集約し、もっとも有益な価格をMT4・MT5のターミナル画面上に表示させられるSTP(Straight Through Processing・ストレートスループロセッシング) プロセスとなっていますので、ディーラーが介在する心配がありません。
公平で安全な取引ができるようになっていますので、安心です。

 

最大レバレッジ888倍

XMでは最大レバレッジ888倍を誇ります。
レバレッジというのは資金効率を高めるためのものなので、最大レバレッジが大きければ大きいほどより資金効率の高いFXトレードをおこなっていくことができます。
手元の資金が限られていたとしても、その何倍もの通貨で取引ができるようになっています。
国内FXだとレバレッジは最大25倍まで制限されていますが、XMであれば1倍から最大888倍まで選択できるようになっているのです。
GEMFOREXのように最大1000倍とXMを超えるようなレバレッジのところもありますが、海外FX全体で見たときにXMの最大888倍レバレッジはかなり高い水準と言えるでしょう。
ハイレバレッジだからこそ、市場の小さな動きも大きな利益となり得ます。
ハイレバレッジだからこそ、さまざまな戦略に対応できるという部分もあります。

 

追証なしのゼロカットシステム

XMでは追証なしのゼロカットシステムも採用されています。
FXで莫大な借金を背負ってしまったといった話を見聞きしたことのある方も多いでしょうが、それは国内FXを利用した方の話である可能性が高いです。
というのも、XMのように追証なしのゼロカットシステムであれば大きな損失が出たとしても基本的に口座がマイナスになるということはないのです。
国内FXでは追証ありだからこそ、口座がマイナスになってしまって莫大な借金を背負ってしまうのです。
追証なしのゼロカットシステムを採用しているXMであれば、借金のリスクは限りなく抑えられます。

 

充実した入出金方法

XMでは、従来の海外送金による銀行振込だけではなく、さまざまな入出金方法が用意されています。
入金が即時反映されるデビットカードやクレジットカード、三菱東京UFJ銀行といった国内銀行であれば60分以内に反映されます。
その他にもBitpay(ビットペイ)やBitcoin(ビットコイン)など多彩な入出金方法が用意されており、おまけに入出金にかかる手数料はXMが負担してくれます。

 

仮想通貨での現物CFD商品

XMではFX以外にも、仮想通貨での現物CFD商品を取り扱っています。
Bitcoin (ビットコイン・ BTC) 、Ethereum (イーサリアム・ETH)、Litecoin (ライトコイン・LTC)、Dashcoin (ダッシュコイン・DSH)、Ripple (リップル・XRP)といった将来性の高い仮想通貨の取引ができるのです。
平日24時間の取引が可能で手数料無料ですし、狭いスプレッドと有益なスワップレートなどユーザーにとってはかなりのメリットがあります。

 

万全の日本語対応

XMでは万全の日本語対応も魅力となっています。
長く日本人向けにサービスを提供し続けてきたXMだからこそ、メールでもチャットでも日本語に違和感なく丁寧なサポートを受けられるようになっているのです。

 

XMはその会社情報から判断しても安心できるFX業者

XMの会社情報をいろいろとご紹介してきましたが、総合的に判断してXMは安心できるFX業者であると言えるでしょう。
きちんと実在しているFX業者ですし、提供しているサービスの内容などもまったく問題はありません。
XMであればリスクを抑えながら効果的にFXトレードをおこなっていくことができるでしょう。