TITAN FX

TITAN FXのスワップポイントを徹底調査

TITAN FXのスワップポイントを徹底調査

TITAN FX スワップポイント

巷には様々なFX業者が存在しますが、海外FX業者の中でも特に優れた会社として知られるのがTITAN FX。TITAN FXは、日本人トレーダーの間でも高い人気を誇っており、口コミや評判も上々のようです。

 

様々なFXトレードの手法ができるTITAN FXですが、中には「スワップポイントを狙ったトレードをやりたい」と考えているトレーダーの方もいることでしょう。

 

そこで今回はTITAN FXのスワップポイントについて詳しく見ていきましょう!

 

 

そもそもスワップポイントって何?

トレーダーの中には「スワップポイント」について良く知らない方もいるかもしれませんので、まずはスワップポイントの概要について説明しておきます。

 

スワップポイントとは、一般的には「お金を預けたことによって得られる金利」といったイメージを持たれることが多いのですが、工夫次第でさらなる利益を生み出すことも可能です。

 

通貨の金利は国ごとに異なっており、日本のような超低金利国から南アフリカ、トルコ、メキシコなどのような高金利の新興国まで様々。そのため低金利国の通貨を売って、高金利国の通貨を買えば、ポジションを決済するまで毎日スワップポイント(収益)を得ることも夢ではありません。

 

つまり、スワップポイントはふたつの国の金利差によって発生する利益(金利差調整分)なのです。

 

当然ながら、「低金利国の通貨を買い、高金利国の通貨を売る」という場合には、上記のケースとは逆で、金利差分のスワップポイントの支払いを行う必要があります。ネットやSNSでは「スワップポイントで儲けた」という投稿を見かけることもしばしばありますが、場合によってスワップポイントで損失が生じる場合もあるので注意しておきましょう。

 

ちなみにFXでは、一般的に「短期売買で為替差益を狙うケース」が多いと言われていますが、実際にはスワップポイントを目当てに長期スパンで投資を行っている方も少なからずいます。

 

スワップポイントの最大の特徴

スワップポイントの最大の特徴であり魅力なのは、決済を行ったあとポジションを解消しない限り、毎日利益をゲットできるという点に尽きます。

 

FXをはじめとする各投資では、「値上りしたタイミングで売らなければ利益が得られない」と思う方もいるかもしれませんが、スワップポイントに限っては話が異なります。
FXにおけるスワップポイントは売買する必要がありませんし、方法さえ押さえてしまえば安定した利益を確保することも可能。そのため熟練トレーダーの間では「スワップポイント狙いのトレード=不労所得的な要素がある」とも言われます。

 

TITAN FXでスワップポイントが付与される時間や曜日はいつ?

ではスワップポイントの概要からTITAN FXに話を戻しましょう。

 

TAITAN FXでスワップポイントが付与される時間・曜日については、以下の通りとなっています(日本時間)。

 

夏時間(サマータイム) 日本時間で午前6時
冬時間 日本時間で午前7時

 

スワップポイントは、付与されるタイミングが非常に重要なポイントとなりますが、TITAN FXのスワップポイントは、「MT4およびMT5のサーバー時間0時」に付与、徴収がされることになっています。土日分のスワップポイントは「木曜早朝に一括処理」と決まっていますので覚えておきましょう(日本時間で、木曜の朝6時(冬時間は午前7時)に土日分を含めた3日分のスワップが付与・徴収)。

 

また原油や株価指数は、FXとは時間や曜日が異なっており、「月曜の早朝に土日分を合わせた3日分のスワップが反映」となっている点にも注意が必要です。

 

スワップポイントのみの出金はNG!

取引における条件はFX業者ごとに異なっており、FX業者の中にはスワップポイントのみの出金を認めているところもあります。しかしTITAN FXではスワップポイントのみの出金は不可となっています。とはいえ、スワップポイントで獲得した利益分はポジション決済後に出金することができますので、その点は安心です。

 

ただし、TITAN FXではスワップポイントで得た利益は通常ポジションの損益とは別で計算されることになっているものの、「ポジション決済しないと利益確定しないシステム」を採用していますので、気を付けておきましょう。

 

もしかするとトレーダーの中には「スワップポイントで得た利益のみを出金できるような仕組みがあれば良いのに」と思う方もいるかもしれません。

 

しかし、実はTITAN FXで採用するシステムのほうが日またぎで取引する場合には使いやすいこともあります。なぜなら、日またぎで取引する場合には、TITAN FXで採用している仕組み(ポジション決済しないと利益確定しないシステム)の方が損益を一括計算できるというメリットがあるためです。

 

TITAN FXでスワップポイントをチェックする方法

TITAN FXでは、次の3ステップでMT4からスワップポイントを確認できます。

 

ステップ1 MT4へログインする
ステップ2

MT4の気配値欄をチェックし、人気の通貨ペアを選択したあと、右クリックで仕様選択する
※英語版では「 Specification」

ステップ3 仕様画面の中にある「Swap long」「Swap short」でスワップポイントを確認する

※MT4で確認ができるのは10万通貨(1ロット)を1日保有した場合に発生するスワップポイント

 

TITAN FXでスワップポイント狙いのトレードをするメリットとは?

TITAN FXでスワップポイント狙いのトレードをする メリットと言えば、

 

  • 不労所得的利益を得られる可能性がある
  • 中・長期的なトレードとの相性が良い

 

という2点が挙げられるでしょう。

 

実際TITAN FXでは、スワップポイント狙いのトレードを行い、毎月安定的な収入を得ているトレーダーも少なくありません。もちろん「絶対に利益が得られる」とは言い切れませんが、チャレンジする価値は大いにあるでしょう。

 

TITAN FXでスワップポイント狙いのトレードをするデメリットは?

TITAN FXでスワップポイント狙いのトレードを行うデメリットには、「より慎重な値動きの予想をしなければならない」という点が挙げられます。

 

そもそもFXは値動きの予想をしながら行っていく投資になりますが、スワップポイント狙いのトレードを行う場合には、普段よりさらに慎重な判断が必要です。特にコロナショックやリーマンショックといった相場が急変動する場合には、値動きの予想が難しくなってしまうのでスワップポイントを狙ったトレードは控えたほうが無難と言えます。

 

TITAN FXにおけるスワップポイント狙いのトレードは誰にオススメ?

TITAN FXではスワップポイント狙いのトレードをしている方も数多くいます。しかし「値動きの予想が難しい」ということもあり、正直なところ初心者の方にはあまりおすすめできません。

 

あくまでもTITAN FXでのスワップポイントを狙ったトレードは、中級者から上級者の方におすすめできるトレードスタイルと言えるでしょう。

 

TITAN FXでは「最大レバレッジ500倍」でのハイレバトレードや、スワップポイント狙いのトレードを考えている方も多いと予想されます。しかし初心者トレーダーの場合は、まず他のトレードスタイルでしっかりと経験を積み、それからスワップポイント狙いのトレードにチャレンジするほうが良さそうです。