TITAN FX

TITAN FXの証拠金維持率・ロスカット水準について徹底解説!

TITAN FXの証拠金維持率・ロスカット水準について徹底解説!

TITAN FX 証拠金維持率・ロスカット水準

海外FX業者を選ぶ際には証拠金維持率およびロスカット水準について理解してかねばなりません。これを知らないといきなり市場から退場させられることもありますので要注意!事前に証拠金維持率やロスカット水準についてしっかりと理解し、トレードのリスクをコントロールしていきたいところです。

 

そこで、今回はTITAN FXの証拠金維持率・ロスカット水準について詳しく解説していきます。

 

 

TITAN FXでの証拠金維持率・ロスカット水準は?

TITAN FXのロスカット水準は「証拠金維持率20%以下」です。
仮に有効証拠金が必要証拠金の20%を下回った場合には、保有するポジションが強制的にクローズとなります。

 

ちなみに有効証拠金とは、FXトレーダーがFX業者(今回の場合はTITAN FXの口座)に入れているお金のこと。つまり、トレードの際に利用可能な証拠金の総額を指しています。

 

そして必要証拠金とは、ポジションを持つのに必要となるお金のことであり、証拠金維持率とは、必要証拠金に対する有効証拠金の割合のことです。

 

証拠金維持率については以下の計算式から算出することができます。

 

証拠金維持率(%)=(有効証拠金÷必要証拠金)×100

 

システムとは?

TITAN FXの証拠金維持率・ロスカット水準について理解できたでしょうか?
ここで少しだけ「追証なしのゼロカットシステム」について触れておきましょう。

 

強制ロスカットとは、一定以上の損失を防ぐための強制決済機能のことを指します。これはFXトレーダーを守るための措置機能として設けられているものですが、この強制ロスカットがあれば「絶対に安全」というわけではないため注意が必要です。

 

たとえばスイスフランショックやリーマンショック、コロナショックなどで相場が荒れるタイミングでは、世界中のFXトレーダーからアクセスが集中し、サーバーに多大な負荷がかかることも少なくありません。その際に強制ロスカットを含めた機能が正常に働かなくなり、「ロスカットが発動しない」ということもしばしばあります。

 

また中には、必要なタイミングで強制ロスカットが発動せずに、相場が落ち着いてから口座残高がマイナスになったタイミングで強制ロスカットが発動するといったケースもあるようです。

 

そんな時、国内FX業者のように追証がある場合には借金を背負ってしまう可能性があります。しかしTITAN FXのように追証なしのゼロカットシステムであれば、口座残高がマイナスになっても安心!なぜなら、マイナス分はFX業者のほうで負担してくれるので、口座残高以上のマイナスを背負うことがないからです。

 

つまり「追証なしのゼロカットシステム」によって強制ロスカットがうまく機能しなかった場合、そのリスクはFX業者側でしっかりと抑えられているのです。

 

TITAN FXで強制ロスカットされるまでの含み損を計算する方法

TITAN FXでポジションを取ってから強制ロスカットがされるまでの含み損は、以下のような式にて計算できるようになっています。

 

次の3ステップで算出することができますので、気になる方はぜひ活用してみてください。

 

ステップ1

まず、ポジションを取る必要証拠金を計算します↓
必要証拠金=注文時の価格×取引ロット数(取引枚数)÷口座レバレッジ

ステップ2

次に、ロスカット水準(証拠金維持率20%以下)になった場合の証拠金維持率を計算します↓
ロスカット水準となった場合の有効証拠金=必要証拠金×ロスカット水準(20%)

ステップ3

最後にロスカットまでの許容可能な含み損を計算します↓
ロスカットまでの許容可能な含み損=口座残高-ロスカット時の有効証拠金

 

強制ロスカットを防ぐための方法はある?

TITAN FXに限りませんが、FXトレードでは強制ロスカットはできれば回避したいもの。トレーダーの中には「回避するための方法なんてあるの?」と思う方もいるかもしれませんが、実際のところ強制ロスカットはきちんと対策をしていけば防ぐことが可能です。

 

そのための方法は以下の3点があります。

 

・追加で入金する
・早めに損切りする
・レバレッジを低めにする

 

一つずつ詳しく解説します。

 

追加で入金する

とても単純なことですが、TITAN FX口座へ追加入金することで強制ロスカットを防ぐことが可能です。入金した結果、証拠金維持率を引き上げることができます。

 

その際、TITAN FXで利用可能な入金方法は以下の4つとなります。

 

  1. 国内銀行送金
  2. クレジット/デビットカード(VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB)
  3. bitwallet
  4. STICPAY

 

国内銀行送金以外のクレジット/デビットカード(VISA、MasterCard、AmericanExpress、JCB)、bitwallet、STICPAYの場合には、入金手続きをすると即時に取引口座へ資金が反映されるので大変便利です。

 

中でもbitwalletはTITAN FX以外のFX業者でも使用できる場合が多いので、これを機にアカウントを作成しておくのも良いかもしれません。

 

ただし、追加入金は証拠金維持率を下げないための一つの策ではあるものの、自己資金の減少が伴うため必ずしもベストな方法とは言えませんので、そこはトレーダー自身で判断したいところです。

 

早めに損切りする

続いて、強制ロスカット前に損切りを行い損失を抑える方法もあります。先述した追加入金の方法よりも、最初から早めに損切りをする癖をつけるほうがオススメです。

 

FXトレードでは常に勝てるわけではなく、負けることも必ずあります。そうした中、「損失をどれだけ抑えるか」がトレーダーにとって大きなポイントとなります。ですから、損切りができないままズルズルと取引をやっていると、FXトレーダーとしていつまでたっても成長できません。

 

もちろん、損切りによって損失が確定してしまうことを嫌がり「できるだけ損切りはしたくない」と思うトレーダーの気持ちもよく理解できます。しかしFXではあらかじめ「自分なりの損切りライン」を決めておいて、機械的に損切りをしたほうが結果的には損失を抑えられることも多いです。

 

FXトレーダーとして結果を求めるなら、損切り技術は必須となりますので、これを機にぜひ損切りのことを学んでみるのも良いでしょう。

 

レバレッジを控えめにする

トレーダーから見れば、TITAN FXの「最大500倍」というハイレバレッジはかなり魅力的な取引条件です。

 

しかし「絶対に高いレバレッジをかけてトレードしなければならない」というわけではなく、レバレッジを低く設定することもできます。

 

当然ながらレバレッジをかければかけるほど証拠金維持率は下がっていくので、強制ロスカットの危険性が高まります。逆にレバレッジを低く抑えれば、強制ロスカットを防ぐことにも繋がりますので、選択肢として覚えておくと良いかもしれません。