TITAN FX

TITAN FX「ブレードECN口座」のメリット・デメリット

TITAN FX「ブレードECN口座」のメリット・デメリット

TITAN FX ブレードECN口座

多くのFX業者では口座タイプが複数用意されていますが、TITAN FXでも「スタンダードSTP口座」と「ブレードECN口座」の2つの口座タイプがあります。

 

そこで今回は、TITAN FXの中でもスプレッドに特に力を入れた口座として知られる「ブレードECN口座」の概要やメリット・デメリットについて解説していきます。

 

 

TITAN FXにおける「ブレードECN口座」の概要

ではまずTITAN FXの「ブレードECN口座」の概要をチェックしていきましょう。

 

ブレードECN口座とは、TITAN FXの中でも特にスプレッドの狭さにこだわった口座です。
口座の基本情報は、以下の通りとなります。

 

注文執行方式 ECN方式
取引手数料 1.00 Lot(100,000通貨単位)あたり $3.50の手数料
初回最低入金額 20,000円、 250USD 、 250EUR
口座通貨 JPY、USD、EUR、AUD、SGD
最小取引単位 0.01 Lot (1,000通貨単位)
最大レバレッジ 500倍
設定可能レバレッジ 25倍、50倍、100倍、200倍、300倍、400倍、500倍
平均スプレッド 0.2 pips/0.2銭~
取引プラットフォーム MT4 、MT5
取引商品 FX、仮想通貨CFD、エネルギー、貴金属、株価指数CFD、米国株式
1回の注文ごとの最大取引単位数 1,000万通貨 (100Lot)
1回の最大ポジション数 2,000万通貨 (200Lot)
表示通貨単位 3桁表示、5桁表示
VPSサービス あり

 

TITAN FXの「ブレードECN口座」で注目すべきは「取引手数料」と「平均スプレッド」の2つです。これらは「ブレードECN口座」のメリット・デメリットにも大きく関係する部分となりますので、下記のメリット・デメリットも併せて参照してください。

 

TITAN FXにおける「ブレードECN口座」のメリットとは?

スプレッドに特化したTITAN FXの「ブレードECN口座」のメリットですが、

  • スプレッドが極狭
  • ECN方式を採用しているため取引の透明性が高い
  • 追証がない
  • 約定率が高い

 

という4つが挙げられます。

 

それぞれ詳しく説明していきます。

 

スプレッドが極狭

TITAN FXの「ブレードECN口座」の最大のメリットはズバリスプレッドの狭さにあります。先ほどから「スプレッドに特化した口座」とお伝えしているので、スプレッドが狭いのは当然だと思う方もいるかもしれませんが、TITAN FXの「ブレードECN口座」のスプレッドはなんと業界で最狭水準!ネット上の口コミや評判では、「スプレッドを重視するならTITAN FXがおすすめ」という声も数多く聞かれます。

 

海外FXは国内FXのスプレッドの狭さに比べると敵わない部分もありますが、TITAN FXの「ブレードECN口座」なら国内FXとほとんど変わらない水準でトレードが可能であり、取引コストを抑えられるのはとても魅力的です。また極狭のスプレッドのため、「スプレッドによって利益が失われてしまった」といった事態を回避できるのもメリットのひとつと言えるでしょう。

 

ECN方式を採用しているため取引の透明性が高い

TITAN FXでは取引方式として「NDD方式」を採用しています。

 

「NDD方式」ではディーラーの裁量が介在しないシステムのため、透明性の高い取引が可能です。「NDD方式」は、さらに「STP方式」と「ECN方式」に分けられますが、TITAN FXではより透明性の高い「ECN方式」が導入されているため、クリーンな取引ができることは間違いありません。

 

ちなみにECNとは「Electronic Communications Network」の略。リクイディティプロバイダーなどが参加する取引ネットワークにダイレクトで注文が流れ、世界中の売買が自動的にマッチングされるシステムです。こちらではFX業者の利益となるスプレッドが上乗せされることなく「生のレート」が提供されます。ただしインターバンクにおけるスプレッドは発生しますので、完全にスプレッドが無くなるわけではありません。

 

とはいえ、この透明性の高さはTITAN FX「ブレードECN口座」の大きな魅力の一つと言えるでしょう。

 

追証がない

これはTITAN FXの「ブレードECN口座」に限ったものではありませんが、TITAN FXを含め海外FX業者のほとんどはゼロカットシステムを導入しているため追証がありません。

 

国内FXではFXトレーダーが借金を背負ってしまう話をよく聞きますが、ゼロカットシステムを導入している海外FX業者では、口座へ入金した額以上の損失はFX業者側が負担してくれるため大きなリスクを背負う必要はほとんどゼロ。したがって、国内FXのように追証で借金を背負うことも基本的にはありません。

 

また損失を抑えられることによって、メンタル面にも余裕を持つことが出来るのも、トレーダーにとっては大きなメリットと言えるでしょう。

 

約定力が高い

TITAN FXは約定力が高いことでも知られています。

 

その理由は、複数サーバーをニューヨークに設置しすることでシステム負担を少なくしているから。ニューヨークをはじめ東京、シンガポールの3拠点にサーバーが設置されているため、FXトレードに快適な環境が用意されています。

 

その約定力の高さから、スキャルピングやデイトレードを目的としてTITAN FXを利用する方も多いようです。約定力の高さはTITAN FXの「ブレードECN口座」だけでなく「スタンダートSTP口座」でも同じように体感することができます。

 

TITAN FXにおけるブレードECN口座のデメリットとは?

では次にTITAN FXのブレードECN口座におけるデメリットを見ていきましょう。

 

TITAN FXのブレードECN口座のデメリットは、以下の2つです。

  • トータルコストが分かりづらい
  • 取引手数料がかかる

 

トータルコストが分かりづらい

TITAN FXの「ブレードECN口座」の場合、取引手数料が生じる関係で「取引にかかるトータルコストがわかりにくい」ということが多々あるようです。取引手数料については以下で詳しく説明しますが、この取引手数料がやや複雑な算出方法を取るために、取引時のトータルコストが算出しにくいのはデメリットと言えるでしょう。

 

取引手数料がかかる

TITAN FXの「ブレードECN口座」では取引手数料が必要です。

 

「ブレードECN口座」における取引手数料は、1.00Lot(100,000通貨単位)あたり $3.50。TITAN FXのもうひとつの口座タイプである「スタンダートSTP口座」では取引手数料がかからないため、「ブレードECN口座」の取引手数料をやや高いと思ってしまう方もいることでしょう。

 

ただし、ブレードECN口座に関してはスプレッドが極狭。取引手数料が多少かかってもトータルコストを抑えられるという理由から、あえて「ブレードECN口座」を選ぶ方もいるようなので、致命的なデメリットにはなりにくいでしょう。

 

とはいえ、先述した通りトータルコストを出すためには計算が必要なので、その点を「面倒だ」「分かりづらい」と感じるトレーダーはいるかもしれません。

 

TITAN FXの「ブレードECN口座」総評!

ここまでTITAN FXの「ブレードECN口座」の概要やメリット・デメリットをチェックしていきました。

 

「ブレードECN口座」の総評を述べるとすると、TITAN FXで口座開設するなら「ブレードECN口座」がオススメです。

 

実際、TITAN FXで口座を開設する多くのトレーダーは、「スタンダートSTP口座」よりも「ブレードECN口座」を選択します。当然ながら「ブレードECN口座」にもデメリットはありますが、それと比較しても明らかにメリットのほうが大きいため、TITAN FXで口座開設するのであれば、断然「ブレードECN口座」を選ぶほうが良いでしょう。