FXでレバレッジなしは儲かるのか?ロスカットを防いで塩漬けを無くそう!

FXでレバレッジなしは儲かるのか?ロスカットを防いで塩漬けを無くそう!

FX レバなし

FXトレードの醍醐味の一つとして、レバレッジをいくらに設定するかがあります。しかしレバレッジを高くすればするほど、大きな損失となる可能性も高くなるという風にとらえられることもあります。実際安定的に儲けているFXトレーダーにはレバレッジなしでトレードしているという人も多いです。

 

今回はレバレッジでリスクを取りたくないと考えている人に、レバレッジなしのトレード方法だと儲けられるのだろうか?またレバレッジなしのトレードとレバレッジかけたトレード、どちらの方がいいのだろうか?といったレバレッジについての基礎知識から見ていきます。

 

レバレッジって?国内FXと海外FXでは基準が違う

レバレッジとはどのようなものなのでしょうか?レバレッジとは「元手となる証拠金にレバレッジをかけることによって何倍もの価格でトレードができる」手法です。
たとえば国内FXだと最大25倍のレバレッジがかけられるので、100万円の証拠金で100万円×25倍=2,500万円分の取引ができます。この証拠金と取引高の差が「レバレッジ」です。

 

今回はレバレッジなしについてに触れるため、レバレッジなしになると100万円の証拠金で、等価の100万円の取引をするということになります(レバレッジなしはレバレッジ1倍のことだから)。このレバレッジ、上限があります。特に国内FXはレバレッジが最大25倍までが上限と金融庁によって定められています。
しかし海外FXにはレバレッジ上限が無くて数千倍のものもざら。各FX業者が自由に決めているものが多くあります。
そんな中、レバレッジなしとはどのようなトレード方法となるのでしょう?

 

そこでプロトレーダーがレバレッジなしでトレードする方法についてご紹介していきます。

 

レバレッジなしのおすすめトレード方法

レバレッジなしのFXトレードには、とてもシンプルでかつ簡単なトレード方法があります。
その場合ひとつだけ守るべきポイントがあります。口座残高以上の大きさの取引ロット数でトレードをしないという点を守りましょう。

 

まずレバレッジなしのFXにおける最大のメリットを見ていきます。

 

レバなしのメリットとは?

①強制ロスカットがない

レバレッジなしトレードのメリットは、強制ロスカットされないことでしょう。
強制ロスカットとは、一定以上の損失を出さないために強制的に決済が行われるもの。これはFX業者が定める証拠金維持率を下回った際発生していきます。
レバレッジが大きくなるほど証拠金維持率は高くなるため、少ない資金で多くのポジションを持つと強制ロスカットの危険が高くなります。しかし、多くのポジションとならないレバなし取引だと、ロスカットは行われません。
これが安定的に儲けられるポイントなのです。

 

②取引手数料がかからないことも

案外知られていませんが、外貨預金等のトレードでは取引手数料がかかります。しかしFXの取引手数料は無料のケースが多いです。レバなしFX取引と外貨預金の取引は同じように考えられる事は多いのですが、FXに手数料がかからない点において、レバレッジなしでFXトレードをするメリットがあります。手数料はトレード数をこなしていけば大きくなるので、出来るだけなしでトレードしたいですね。

 

③利回りが高い

スワップポイントとはFXで外貨預金金利に相当しますが、外貨預金の金利よりも利回りが高くてお得です。
スワップポイントとは高金利の通貨と低金利の通貨との金利差なのですが、高金利の通貨を売り低金利の通貨を買う際は、スワップポイントが支払いとなるので注意しましょう。

 

次にレバなしのデメリットについて見ていきましょう。

 

レバなしデメリット

①長期保有が必要となってくる

レバレッジなしのデメリットは、一度に大金を儲けることは出来ないため長期保有する必要がある点でしょう。

 

2.大きな利益が得られない

レバレッジなしの場合、大きな証拠金がないとほとんど儲けがありません。そのため元手が少ない人にとってはコツコツ貯めていく事が必要になります。一攫千金を得たいならレバレッジ利用をおすすめします。

 

海外FXでレバレッジを大いに楽しもう

レバレッジなしとレバレッジありでは、スピード感持って大きなお金を儲けられるのはやはりレバレッジありです。
しかし、レバレッジを高くして借金するのは嫌だ!という方も多くいらっしゃいます。儲けがあればFXトレードは成功といえますが、レバなしでは長期で保有し安全な取引をしても運が悪ければ損失が出るかもしれません。そのような事態を避けるため、安全な取引をする口座とレバレッジを楽しむ口座の2つ保有するトレーダーもいらっしゃいます。

 

特に海外FXならレバレッジは自由に増やしたり減らしたりする事が可能ですし、海外FXの最大レバレッジが3,000倍とったFX口座もあるので、証拠金を少なくしてハイレバレッジでトレードを行い、一攫千金を目指すのもいいかもです。

 

海外FXならハイレバレッジも怖くない

海外FXには、絶対に借金とならない「ゼロカットシステム」というシステムがあります。
このゼロカットとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスとなり借金となってしまった際、その損失分を海外FX業者が補填してくれる海外FXならではのサービスです。失うお金は口座内のものだけなので、ハイレバレッジで無謀な取引をしても借金にはなりません。だからこそハイレバレッジのFXトレードが出来る海外FXがおすすめです。

 

しかし、きちんとルールを決めて損切りしないとFXトレードに失敗する人も数多くいます。

 

損切りできないトレーダーがレバレッジを高くしてトレードした場合は、自己資金をゼロにしてしまうことにつながります。「ゼロカットがあるから」といった安心感は逆にギャンブル性を高めてしまうんです。ですから、そんなギャンブルのようなトレードをしないためにまず資金管理を徹底しましょう。ゼロカットが適用されるのはロスカットが間に合わなかった場合の損失補填でしかなく、資金管理がまだ正確にできない人は相場が変動する時はトレードしないほうがよいでしょう。

 

まとめ

さて、FXにおいてレバレッジなしの取引について紹介してみました。

 

レバレッジなしのメリット

  • 強制ロスカットが無い
  • 手数料がお得
  • 利回りが高い

 

レバレッジなしのデメリット

  • 長期保有の必要がある
  • 大儲け出来ない

 

とにかく、いろいろなFXトレード手法を試し、自分に合ったトレード方法を見つけましょう。