FX両建て取引で重要なポイントや両建ての外し方

FX両建て取引で重要なポイントや両建ての外し方

FX 両建て 外し方

FXの両建ては、トレード幅を広げる方法として多くのトレーダーが利用しています。その両建て取引で重要となるのが、片方のポジションを外すタイミングなのです。

 

両建てのやり方ってどうすればいいの?

まずは両建てのやり方を見ていきます。両建てと言ってもいろいろな方法がありますが、戦略としては以下の方法は有効です。

 

①スワップポイントの差を利用して利益を出す

スワップポイントは「通貨の金利差から得られる利益のこと」を指します。金利の低い通貨を売り、金利の高い通貨を買ってポジションを保有すれば、毎日収益を得ることができるのです。この方法で利益は得ることはできますが、スワップポイントには為替変動リスクがついて回るというデメリットがあります。そこで両建て取引を行うことによりリスクを無くすことができるようになります。

 

スワップポイントは、同じ通貨ペアでもプラスポイントがマイナスポイントよりも大きいことがありますが、両建てを行っても完全に相殺されず済む場合があります。さらに海外FXの場合には買いポジション・売りポジションともにプラスポイントとなる場合もあります。

 

②相場で両方向の値動きから利益を得ていく

両建てを行えば買い方向・売り方向どちらでも利益を得ることができます。どちらからも利益が得られることで、レンジ相場両方の値動きを取ることを頭に思い浮かべる人もいるのではないでしょうか。

 

両方で利益を得られるのはトレンド相場でも同じです。上昇トレンド最中であっても、短期的に下落するポイントが発生したり、下降トレンドの最中であっても短期的に上昇するポイントが発生することは往々にしてあります。

 

基本的にトレンド方向のポジションを保有し続けて、調整時にトレンドと反対方向のポジションでエントリーを行うと、より大きな利益を生み出すことが可能となります。

 

③利益や損失を固定したらしばらく様子を見る

両建ては一度様子を見たいときにも有効です。片方のポジションで含み益や含み損が出ている場合、相場を一度様子見するために反対方向のポジションを保有してみるのです。そうすることで利益や損失を固定することができ、一度タイミングを置くことができるようになります。

 

またこれらの方法を合わせてみることもできてかつ独自にアレンジすることも可能です。

 

両建ての外し方とは?

両建て取引でかなり重要なことに「外し方」があります。

 

両方のポジションを同時決済する

両方決済してしまえば当然ながらポジションは無くなりますので、両建てによって固定されていた含み益あるいは含み損はゼロとなります。もし両方のポジションを決済するなら、両建てを行った時点で利益確定・損失確定の決済を行ったのと同じ意味を持つこととなります。

 

トレンド方向のポジションは持ち続け、トレンドと反対方向のポジションを決済する

これはトレンド相場で有効になる両建ての外し方となるのですが、ファンダメンタルやテクニカルから、トレンドがさらに続くという判断ができれば、トレンドに向かってエントリーを行ったポジションを持ち続けます。トレンドと反対方向のポジションの利益は伸びないものの相場の判断がきちんとできていれば、トレンド方向にエントリーしたポジションの含み益を伸ばすことができる可能性は高いです。

 

重要ポイントは、トレンドの強さを見極めることができるかどうかです。両建てを外した直後、トレンドが転換してしまえば当然その後の利益は小さくなってしまいます。さらに場合によっては損失を出すことになりかねないため、相場を判断する力はとても重要なのです。

 

トレンドと反対方向にエントリーしたポジションは持ち続け、トレンド方向のポジションは決済

トレンドの転換時に有効な両建ての外し方ですが、トレンド方向のポジションで含み益が出ていたとしても「あと少しでトレンドが転換しそう」という時には利確させてしまいましょう。
その後トレンドが転換すれば、もう片方のポジションで発生している含み損は徐々に減少すると思います。

 

節税するため片方のポジションを損失確定

FXに税金が発生してくるのは当該年度に利益と損失を確定させたものに限ります。
1年間トータルで利益が出ている場合、年末に片方のポジションを損切りすることによってその年の利益を小さくすることが可能です。利益が出ているポジションについては、年が明けてすぐに決済すると翌年の利益となります。

 

注意すべき点として、損切りを行うタイミングと利益を確定させるタイミングが離れてしまえば、相場変動のリスクが生じてしまいます。そのためなるべく年明けすぐのタイミングで損切りを行い、年明けすぐに利確を行うようにしましょう。

 

また節税のために両建て外しを行うのは「確定申告を行う必要があるのかないのかぎりぎりの場合」「累進課税が適用される海外FXだと税率が上がるかぎりぎりの場合」でないと行う意味はありません。

 

まとめおよび注意点

今回は両建ての外し方について見てきましたがいかがでしたでしょうか?
ここで大切なのは、トレンドの強弱や方向など一旦現状をしっかり見極めること。両建てを行ったからといって特別変化があるわけではありません。FXの基本原則を忠実に実行することが大切です。

 

とはいえ、両方のポジションを持つことで、両建てを外すときに少々ややこしさを感じてしまう人は多いと思います。
そこで常日頃よりトレードメモを取ったり、頻繁にポジションをチェックしたりしながら頭の中で保有ポジションを整理しておく必要があります。

 

両建てを行うと、スプレッド負担が2倍になってしまうというデメリットもあります。無駄な両建ては取引コストを増加させてしまうだけなので避けましょう。両建てをしなくても損切りや利益確定の決済で対処できる場合、負担を少なくできるといった事についても頭に入れておきましょう。