基礎知識

兼業FXトレーダーは年収100万円で十分!年収にプラスオンができるFX

兼業FXトレーダーは年収100万円で十分!年収にプラスオンができるFX

FXトレーダー 年収

みなさんはFXを副業でやっているでしょうか?それとも専業トレーダーの方もいらっしゃるでしょうか?
そのスタイルによってFXトレーダーの年収は大きく違ってくることでしょう。

 

今回は副業としての年収について見ていきながら、あまり大きくない数値設定でFXトレードするスタイルについて紹介していきます。

 

兼業トレーダーの年収はどれくらいか?

兼業トレーダーの年収といっても確かなデータがあるわけではありませんので、この情報に関しても「ふーん」くらいに思っていただければよいです。兼業トレーダーの場合、本業に従事していることが前提にあり、時間的制約を必ず受けます。
よって、思っているより少なく感じると思います。

 

それをふまえ兼業トレーダーの年収ですが、数百万円程度(100万~500万円程度)です。

 

この数字にどういった印象を持つでしょうか?

 

当然兼業トレーダーで力量により収入は大きく異なりますし、自己資金が多ければそれだけ稼げる可能性は高くなりますので、一概にこうだとは言えません。しかし、一般的に働いている人がFXをやってみて、ある程度収入を得られるようになった、というレベルだとこの額が妥当かと思います。

 

一般的に30代のサラリーマンの平均年収は約433万円というデータがありますが、これと合わせFXの収入が100万円程度でも、年収533万円。年間100万円の年収アップはサラリーマンだとなかなかできることではありません。そう考えると、副業としてFXはかなり優秀なものということがわかります。

目標値を設定する

FXにおいてよく言われるのが「年収1億円」という数字。それを目指すにはこうしたらいい!という情報はちまたに溢れています。豊かな生活を手に入れるにはもちろんあったらいいなとは思いますが、現実的に見て「いや、そこまでは」と思う人もいるのではないでしょうか?

 

そこでさらに目標値を低く設定し、達成するにはどうしたらよいか?という点を考えましょう。

 

副業なら100~200万円を目指すのがベター!

まず、自分の月収からいくらFXに使えるのか考える必要があります。たとえば月25万円程度の場合、生活費を差し引いていくらFXに割けるでしょうか?おそらく多くて3~5万円程度でしょう。こうなると、FXのための貯金(初期投資資金)がないと不安になる数字ですがそれでも大丈夫です。FXは少額でがっつり稼げるという点がウリだからです。
また初期費用もそこまで高くなくてよく、10万円程度のまとまったお金があれば年収100万円程度から狙うことが可能です。年収100万円ということは、月8万円程度の収益で良いということ。月10万円を稼ぐにはどう取り組んでいけばいいのかについて、以下で紹介していこうと思います。

 

副業FXで月10万円を目指すには?

FXはゲーム感覚で続けていると、必ず負けてしまう時が来ます。どんなに知識や技術があっても負ける世界ですから、勝率を上げるには運だけでは勉強が必要です。だからみんなFXの勉強に励むわけなのです。
しかし月10万円程度なら基本的なルールさえしっかり押さえておけば、そこまで専門的な手法を学ぶ必要なく稼げます。
月10万円稼ぐためには、「勝率65%」程度を維持できれば簡単だといわれています。

 

1日5,000円を目指す!

まずは、単純計算で月に20日FXを行うとすると、1日5,000円稼げれば目標を達成することができます。まとまった時間で5,000円目指すのも良いものの、細切れの時間の中で1,000円、2,000円と複数回に分け目標値を更に下げるという手が非常におすすめです。1,000円程度なら失敗してもメンタル的にそこまでダメージはありません。メンタルコントロールは、FXにおいてかなり大切なこと。これを金額を下げることで行っていくのです。

 

ちなみに、細切れ時間とは通勤時間やお昼休み、家でのまったりタイムなど結構あります。1回のトレードに割く時間は2~3分程度と隙間時間でサッとできそうです。

 

基本的な知識を身に付けよう

FXは運だけでは勝てないという話を先程しましたが、一体どこまで知っていればスタートラインに立てるのでしょう?
やはり基本用語、そして分析知識は最低限必要になります。

 

FX基本用語(例)
  • レバレッジ
  • スプレッド
  • スワップ
  • pips(ピップス)
  • ロット、ロット数
  • ポジション
  • 成行注文
  • 指値注文
  • 逆指値注文

 

分析の基本用語(例)
  • ファンダメンタルズ分析
  • テクニカル分析

 

根拠のあるトレードを!

もちろんはじめは時間がかかるかもしれませんが、分析方法をしっかり勉強し、根拠のあるトレードを心がけるようにしましょう!勘でトレードしていると当然ながらトレーダーとしてのレベルは上がりません。
どんなに小さなトレードであっても、根拠を持ってトレードを続けていくことで確実なスキルを身に付けられます。

 

慣れてきたら取引額を増やそう

細切れ時間で1,000円や2,000円の利益をあげるというトレードに慣れ、徐々に勝率が上がってきたら投資金額を増やしてみましょう。ただし取引金額が増えれば増えるほど負けた時の損失額も増えます。いきなり大きく額を引き上げるのではなく、少しずつ慎重に行うのが良いでしょう。うまくいっているからといって決して欲張らないようにしましょう。

 

月10万円稼ぐのにおすすめのFX業者はどこ?

ではどのFX業者を利用するとよいのでしょう?今回対象のトレーダーは

 

  • 月にFXに割ける金額は低い(3~5万円前後)
  • 初回投資資金も少ない(10万円程度で想定)
  • 副業なのでまとまった時間がとれない
  • 月に10万円程度の利益があればよい

 

このような条件の場合、以下のようなポイントでFX業者を選択すると良いでしょう。

 

  • 1,000通貨でトレードできる
  • スプレッドがなるべく狭い会社を選ぶ

 

スプレッドに関して、完全固定や原則固定のスプレッドならいいのですが、業者あるいは口座によっては変動、期間限定タイプのスプレッドを設定しているケースもあります。しっかりチェックしておくようにしましょう。

 

昔は国内FXの方がスプレッド幅が狭いということがありましたが、最近はそこまでの差はありません。
また海外FXは最低入金額が低い口座も多く、国内FXよりも少ない資金でしっかり稼げます。
もし月10万円を目指すなら、国内FXよりも海外FXがおすすめです!