GEMFOREX

GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアは?初心者におすすめの通貨ペア

GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアは?初心者におすすめの通貨ペア

FXを始める上で、FX業者を比較検討していくことはとても重要です。
比較すべき項目というのはいろいろあるのですが、中には取り扱っている通貨ペアでFX業者を選んでいるという方もいるかもしれません。
多ければいいというものではないのですが、やはりどのような通貨ペアを取り扱っているのかをチェックすることは大切です。
では、GEMFOREXではどのような通貨ペアを取り扱っているのでしょうか?
ここでは、GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアと初心者におすすめの通貨ペアについてご紹介していきたいと思います。

 

GEMFOREXの通貨ペアは33種類

さっそくですが、GEMFOREXではどのような通貨ペアを取り扱っているのでしょうか?
2021年3月時点でGEMFOREXで取り扱っている通貨ペアは33種類です。
具体的には、以下の通貨ペアになります。

 

USD/JPY CHF/JPY AUD/CAD
AUD/JPY AUD/NZD AUD/USD
AUD/CHF CAD/JPY EUR/AUD
EUR/CAD EUR/CHF EUR/GBP
EUR/JPY EUR/USD EUR/NZD
EUR/ZAR GBP/AUD GBP/CHF
GBP/JPY GBP/USD GBP/NZD
GBP/CAD NZD/JPY NZD/USD
USD/CAD USD/CHF USD/CNH
USD/SGD USD/TRY USD/MXN
USD/ZAR XAU/USD XAG/USD

 

正直なところ、GEMFOREXで取り扱っている通貨ペアの種類に関しては特別に多いというわけではありません。
ただ、だからといって通貨ペアの種類が多ければいいというものでもありません。
基本的にはトレードしやすい通貨ペア、利益を狙いやすい通貨ペアを取り扱っていれば、それで十分です。
そういった意味ではGEMFOREXの33種類の通貨ペアは十分すぎるほどです。

 

初心者におすすめの通貨ペア4選

では、次は初心者におすすめの通貨ペアについてです。
以下でご紹介するものは当たり前ですが、GEMFOREXでも取り扱いのある通貨ペアになります。

 

米ドル/円(USD/JPY)

初心者におすすめの通貨ペアとしてまず挙げられるのが、米ドル/円です。
言うまでもないのですが、米ドル/円は世界でもトップレベルの取引量を誇る通貨ペアです。
取引量が多いからこそ流動性が高く値動きが安定していますし、取引量が多いからこそスプレッドも狭く、安い手数料でトレードをすることができるのです。
認めたくない方もいるかもしれませんが、今の世界においては米ドルは現代の基軸通貨となっています。
そのため、世界中の通貨の流動性を支えているのが米ドルでもあるのです。
取引量が世界第1位になるのも当然です。
米ドル/円は、初心者にもっともおすすめできる通貨ペアであると言えるでしょう。

 

ユーロ/円(EUR/USD)

米ドル/円の次におすすめできるのがユーロ/円です。
米ドル/円ほどではないにしても、ユーロ/円も世界では取引量の多い通貨ペアなのでやはり値動きが安定しています。
米ドル/円と同じように取引量が多いため、スプレッドも狭くコストを抑えながらトレードをしていくことができます。
ユーロはユーロ圏25カ国の単一通貨なのですが、ユーロ圏の周辺にはロシアやアラブ諸国などがあります。
そのため、相場が変動する要素というのは確実に抱えているのですが、世界第2位という圧倒的な取引量によって安定した値動きが期待できます。

 

豪ドル/円(AUD/JPY)

豪ドル/円もおすすめできる通貨ペアのひとつです。
米ドル/円やユーロ/円と比べるとそこまでのインパクトはないかもしれませんが、豪ドル/円は一定数の市場参加者がいますので、値動きはそこまで激しくはありません。
特別に群を抜いて多いというわけではないのですが、取引量が一定量あることもあってスプレッドもそこまで高くありません。
豪ドルはオーストラリアの通貨なのですが、オーストラリアは鉱物資源を多く持つ国でもあります。
オーストラリアにおける最大の貿易相手となるのが中国なので、豪ドルは中国の経済指標に影響を受けるものと考えておいたほうがいいでしょう。
実際に、中国の景気が良い方向へと動くと、豪ドルの価値も上がります。

 

NZドル/円(NZD/JPY)

NZドル/円も初心者におすすめできる通貨ペアとなっています。
正直なところ、米ドル/円やユーロ/円、豪ドル/円と比べてもNZドル/円の取引量はそこまで多いわけではありません。
取引量がそこまでではないため、スプレッドもそう安くはありません。
ただ、NZドルの金利は先進国通貨の中では高い傾向にありますので、多くのスワップポイントを受け取ることができます。
先進国通貨の中でも金利が高い通貨なのですが、経済規模がそこまで大きくないということで取引量は限定的となっているのが特徴です。

 

初心者が通貨ペアを選ぶ際の3つのポイント

GEMFOREXでの取引はもちろんなのですが、初心者の方は通貨ペアをしっかりと吟味する必要があります。
その際のポイントを3つご紹介しておきたいと思います。

 

取引量が多いかどうか

初心者の方は取引量が多い通貨ペアを選ぶようにしましょう。
というのも、取引量の多さによって通貨ペアの値動きや予測のハードルが変わってくるからです。
取引量の多い通貨ペアは市場参加者が多いため取引がすぐに成立しますので、値動きは穏やかになりやすいです。
また、市場参加者が多くて安定した値動きになるため、相場の予測がしやすい部分もあります。
逆に、取引量の少ない通貨ペアは市場参加者が少ないため取引がなかなか成立せず、値動きが激しくなりやすいです。
経済指標が発表されると短期間で急激な相場変動が起こるリスクもあり、相場予測のハードルもぐっと上がってきます。

 

ドルが含まれているかどうか

先でも触れましたように、ドルは今の世の中での基軸通貨です。
世界でもっとも取引量が多い通貨なので、ドルの含まれている通貨ペアはそれだけで市場参加者が多い通貨ペアということになります。
ドルを含んだ通貨ペアであれば取引量がとても多くなり、値動きが安定してきます。
安定した値動きで予測もしやすいので初心者の方でも比較的安心して取引ができます。

 

自分のトレードスタイルに合っているかどうか

先ではおすすめの通貨ペアをご紹介しましたが、そもそもその通貨ペアが自分のトレードスタイルに合っているのかどうかも大切です。
例えば、短期トレードであるスキャルピングの場合には数秒から数分間のトレードを何度もおこなうため、スプレッドの狭い通貨ペアが安心です。
逆にスプレッドが広いと、エントリーするたびに手数料を取られ、手数料で損をしてしまう可能性があるのです。
長期トレードであれるスイングトレードの場合には数日から数週間のトレードをおこなうため、スワップポイントが多くもらえる通貨ペアが安心です。
スワップポイントというのは通貨ペアの金利差のことで、ポジションを持っているだけで自動的に利益が出ます。
ポジションを何日も持ち続けるスイングトレードとの相性はバッチリなのです。